ネリベル 文献案内(海外)

ネリベル本人の著作

雑誌記事

Nelhybel, Vaclav: The Most Needed Change, The Instrumentalist, 22, pp. 35-37, June 1967

(内容)フルートとピッコロの間をつなぐ、F管ソプラノフルートの必要性を説く。

 

Nelhybel, Vaclav: A Renaissance of Church Music, The Instrumentalist, 22, p.37, Dec 1967

 

Nelhybel, Vaclav (interviewer): Joseph Fuchs - master teacher, The Instrumentalist, 22 p. 52, May 1968

 

Nelhybel, Vaclav: American Music Education - a creative climate for composers, The Instrumentalist, 25 pp. 18-19, Aug 1970


アメリカの学校における吹奏楽やオーケストラの現状。

Nelhybel, Vaclav: The Talent is Here! They Talk About Music, Vol. 2 (Rockville Centre: Belwin/Mills Publishing Corp.) pp. 104-107, 1971


Nelhybel, Vaclav et.al.: How I Discovered Music, The Instrumentalist, 28 p. 42, Oct 1973

 

Nelhybel, Vaclav: The Composer Conducts, The Instrumentalist, 29, pp. 42-43, Nov 1974

 

Nelhybel, Vaclav: Percussion Notation, The Instrumentalist, 29, p. 56, Jan 1975

 

Nelhybel, Vaclav: Time in Your Hands, The Instrumentalist, 32, pp. 47-49, Sept 1977

(内容)ネリベルの《フェスティーヴォメニンの《カンツォーナ、クレストン前奏曲と舞曲、ハンソンのコラールとアレルヤ、バーンスタインのキャンディード序曲のテンポに関するアナリーゼ。

 

Nelhybel, Vaclav: An Approach to Analysis of a Score, The School Musician, 52, pp. 8-10, Feb 1981

(内容)ネリベルの《吹奏楽のためのリチュアルのアナリーゼ。

 

他の著者による著作

雑誌記事

Sewrey, Jim: Vaclav Nelhybel, Ludwig Drummer, Vol. 2 No.2. pp. 18-19, 42-43, 1967

 (内容)ネリベルの打楽器の使用法。


Michaelides, Peter: Nelhybel - Composer for Concert Band, Music Educators Journal, pp. 51-53, Apr 1968

 (内容)ネリベルの《Cantata Pacis》の分析。
 オンライン全文閲覧はこちら

 

Blahnik, Joel: Vaclav Nelhybel's Concept of Conducting, The Instrumentalist, 23, pp. 33-36, Dec 1968 

    

Tietze, William: A Nelhybel Clinic with Focus on Musicianship, The Instrumentalist, 24, pp. 71-72, Oct 1969


1969年6月にウィスコンシン州立大学で行われた指揮者講習会の模様を伝える。著者はウィスコンシン州立大学教授、バンド指導者。

 

Paynter, John P.: New Music Reviews
The Instrumentalist, pp. 46-47, June 1971

 (内容)ネリベルの《二つの交響的断章》の紹介。


Nelhybel Becomes Publisher, The Instrumentalist, 30, p. 120, Mar 1976      

 (内容)Christopher Music Company(CMC) 出版社の設立を伝える。


Vaclav Nelhybel Enters the Music Publishing Business, The School Musician Director and Teacher, 47, p. 45, Apr 1976

 (内容) Christopher Music Company(CMC) 出版社の設立を伝える。


Smith, G. Jean: Spotlight on Vaclav Nelhybel, NSOA Bulletin, 7, Nov 1977

 

Meet the Composer: Vaclav Nelhybel,
Accent, pp. 23-24, March/April 1978


Neilson, James: AMor ERuditionis-Imaginatio-CAntus, The School Musician, 51, p. 8 & p. 11, Feb 1980


 

Mullins, Shirley Strohm: The Mid-West, Reach for it, The Instrumentalist, 32, pp. 14-18, July 1982

 (内容)ミッドウエスト・クリニックの報告。ネリベルの《管弦楽のための断章の初演を含む。


Meet the Composer: Vaclav Nelhybel, The Instrumentalist, 32, pp. 19-20, July 1982

The Fun of Music: A Special Occasion, Company, pp. 4-5. July 1984


 

Milanovich, Donna: Nelhybel Premiere, Flute Talk, pp. 27-28, Jan 1993

 

Boonshaft, Peter Loel: A Conversation with Vaclav Nelhybel, NBA Journal, pp. 7-9, May 1995

 

Boonshaft, Peter Loel: A Life Spent Meaningfully, NBA Journal, pp. 7-8, Dec 1996

(内容)追悼記事。

 

Knight, John: Conducting Nelhybel's Festivo, Greatness in Grade 3 Music,
The Instrumentalist, pp. 18-22, Jan 1996


Boonshaft, Peter Loel: Discovering a Treasure of 160 Nelhybel Works, The Instrumentalist, pp. 68-72, Jan 1998

 

Bath, Harry D.: Pflichtstuecke fuer Friedrichshafen: Trittico von Vaclav Nelhybel, Clarino Bläsermusik International, pp. 10-12, April 2001


Bath, Harry D.: Vaclav Nelhybel's Trittico: A Symphonic Painting in Sound, The Instrumentalist, pp. 32-36, May 2002

研究論文

Boonshaft, Peter Loel: Vaclav Nelhybel, a biographical study and survey of his compositions with an analysis for performance of "Caucasian Passacaglia", 1991 (dissertation of University of Hartford)

 

Knapp, Joel Davis: Vaclav Nelhybel, his life, influences on his compositional style, and a review of his published choral compositions, 1991 (dissertation of University of Missouri-Kansas City)

 

Tucker, Robert: A Historical Examinaion of the Hymn Tune Ein Feste Burg and its Treatment in Selected Twentieth-Century Concert Band Literature, 2001 (dissertation of Texas Tech University)

要約とオンライン閲覧

 

Millikin, Jeanne: Scholarly Program Notes of Selected Trumpet Repertoire, 2011 (research paper submitted to Southern Illinois University)

オンライン閲覧

 

Corhern, W. Hunter: A Study of Czech-American Composers Karel Husa and Vaclav Nelhybel and Their Works, Music for Prague and Symphonic Movement, May 2012 (master thesis of Graduate College of Missouri State University)


書籍の一部

Butteroworth, Neil: Dictionary of American Classical Composers, Routledge, 2004, p.324-325

 

 Amazon.co.jpの「なか見!検索」→「この本の中を検索する」→Nelhybelで検索すると閲覧可能

ニュース・近況

6月17日、ネリベルの吹奏楽曲『セレモニー』が鶴岡東高等学校(山形県)によって日本初演されました。昨年、ネリベル夫人からお預かりした楽譜を当方で整理したものです。国内レンタルを開始するつもりでしたが、まもなくドイツで出版の予定です。

 

6月16日、NHK Eテレの『らららクラシック』で「バルトークの管弦楽のための協奏曲」が放映されました(資料提供)。

 

5月15日、全音から三大教則本の1つクヴァンツ著『フルート奏法』の新版が発売されました(譜例担当)。

 

3月22日、ネリベルの21回めの命日です。先週、全音から『鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集 新版Vol.7』(本体+ピアノ譜。CDつき)が発売されました(楽譜製作担当)。

 

2017年2月17日。多忙で新年のご挨拶もできませんでした。その間Jimdoの仕様変更によりアクセスカウンターが機能停止、過去のデータが消えました(泣)全音スコア、シューベルトの『交響曲第7(8)番 未完成』とリムスキー=コルサコフの『交響組曲 シェエラザード』が発売されました(楽譜製作)。

 

12月27日、しばらく忙しかったのですが、おかげさまでその成果が現れつつあります。全音スコア、ブラームス『交響曲第4番』は11月に発売。チャイコフスキーの『交響曲第5番』が1月に発売予定です(いずれも楽譜製作)。また、1月発売の『BAND LIFE』2月号にリードの《アルメニアン・ダンス》についてまとまった情報を提供できました。お楽しみに。

 

9月30日、たくさんの収穫を得て帰国しました。多忙ですぐにとはいきませんが、当ウェブサイトにも徐々に反映させていきます。

 

9月21〜29日、ネリベルの自筆譜研究・墓参り、そしてペーテル・バルトーク氏のお見舞いのために渡米します。

 

6月3日、明日4日(土)NHK Eテレの「ららら♪クラシック」でリードの《アルメニアン・ダンス》が特集されます。ご覧ください(資料提供)。

 

4月15日、昨年12月のネリベル《トッカータ・フェローチェ》日本初演がYoutubeにアップされました!

 

3月22日、ネリベルの命日、没後20年となりました。あらためて彼の業績を思う一日になればと思います。

 

3月20日、ブルース・ダフィー氏からリードとのインタビューの翻訳許可も下りました。多忙で少々お時間をいただきますが、いずれ公開します。

 

3月18日、昨年暮れに日本初演されたネリベルの《トッカータ・フェローチェ》が早くも再演予定です。6月10日、名古屋アカデミックウィンズ第4回コンサート(指揮:仲田守、名古屋市青少年文化センター)。

 

2016年1月25日、アルフレッド・リード、お誕生日おめでとうございます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

 

 

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.

旧ホームページ The Music-Makers' Paradise(1997〜2015年)は閉鎖しました。18年間の来訪者はのべ142,048人でした。ご愛顧ありがとうございました。