リード パート譜訂正

 人が作る楽譜にはミスがつきもので、販売後は訂正が困難です。優秀な指揮者や演奏者はその場で問題を解決し、終演と共に忘れ去り、情報はなかなか蓄積・共有されませんでした。

 以下はこれまでに知り得たパート譜のミスとその修正案です。スコアだけの誤りは略しました。あくまでも私見ですので、各団体の判断と責任においてご利用ください。

 皆様からの追加情報もお待ちしています(修正済といった情報も求めています)。いちばん下に情報を提供してくださった方々のお名前を紹介しています。

 パート別に整理。実音表記。

(お詫びとお知らせ:一部が実音表記になっていないことに気づき、途中まで修正しました。完了をお待ちください)

1. オリジナル作品(ウィンドアンサンブル、コンサートバンド)

5. トランペットのための頌歌

Obs. [D]の6小節めの2拍め裏のB♮→B♭。
B♭Cl.1 [E]の5小節めの2拍めの3連符のB♭→C。

 

6. バラード 独奏Ebアルト・サクソフォーンと吹奏楽のための

Bsns. [B]の2小節前の1小節間にスラーを補充。
Trb.3 [C]の1小節前に3/4拍子を補充。
Bass 2〜3小節間にスラーを補充。

同 [A]の2小節前の2つの音の間にスラーを補充。
同 [C]にTuttiを補充。

 

12. 宗教音楽組曲

E♭Cl. [N]の1小節前の6拍めのE♯→E♮(スコアも訂正)。
B♭Cl.1 (div.の上)[N]の1小節前の6拍めのE♯→E♮(スコアも訂正)。 

 

16. 祝典序曲

A.Sax.2 [F]の7小節め最後のA♭→A♮(スコアも訂正)。

 

19. 詩と権力

S.Sax. 43小節の4拍め裏のB♮→B♭。
Organ 138小節の4拍め裏のF♯→F♮。
同 149小節の2拍め裏のE→E♭。
フルスコアには誤植が多いが、多くはパート譜で直っている。

 

21. パッサカリア

Ob.2 [31]の6小節の6つめのC♯→C♮(スコアも訂正)。
B.Cl. [36]の4小節の2拍め裏のG♯→B♮(スコアも訂正)。
A.Sax.1 [21]の1小節前の2拍め裏のE♮→E♭(スコアも訂正)。
A.Sax.2 練習番号[27]を5小節前に移動。

Perc.II [22]の3小節めのVib.のB→B♭(スコアも訂正)。

 

22. ミュージック・メーカーズ

Fl.2 51小節のA→A♭(スコアも訂正)。
Bsn.1,2 86小節の2拍めの2つめのE♭→E♮(スコアも訂正)。

B♭Cl.3 66小節の2拍め裏のE♭→E♮(スコアも訂正)。
T.Sax. 201小節の2拍めに始まるG→F(スコアも訂正)。

同 202小節の2拍めのF→E♭(スコアも訂正)。

Bs.Sax. 77小節の1、拍めのG-A→F-G(スコアも訂正)。

Trp.1 214小節の2拍めのB♭→A(スコアも訂正)。

Hrn.1〜4 171小節の2拍めの2つめのE♭→E♮(スコアも訂正)。

Trb.1,2 47小節の1拍め裏のA→A♭(スコアも訂正)

Str.Bass 119小節の1拍めのC→B♭。
同 130小節の2拍めにクレッシェンドを補充。
同 154小節の2拍めから次の小節の1拍めにタイを補充。

ミスの多い曲で、気をつける必要がある。

 

23. サスカッチアンの山

Str.Bass 188小節の1拍めのF→E。

 

25. 金管楽器と打楽器のための交響曲

Trp.1 1楽章 [12]の6小節の1拍めのD→C。

同 3楽章 [8]の6小節の3拍めの最初のスタッカートを削除。

 

●この先は移調されて記載されています。あるいは移調と実音で混ざっているかもしれません。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

29. セレモニアル・ファンファーレ

T.Sax. 30小節の2拍めのC→C♯(スコアも訂正)。

 

32. インペラトリクス

Ob. 39小節の4拍めのF→F♯。
Bsn.1 9小節のB♭→B♮。
Bells, Vib. & Xylo. 100小節にBellsの指定を補充。
Perc. 56小節のB.Dr.のロール記号を削除。

 

33. ハムレットへの音楽

B.Cl. 1楽章 78小節の4拍め裏のA♭→A♮(スコアも訂正)。
Cb.Cl. 1楽章 78小節の4拍め裏のA♭→A♮(スコアも訂正)。
B.Sax. 1楽章 78小節の4拍め裏のE♭→E♮(スコアも訂正)。

 

34. アレルヤ!ラウダムス・テ

Pic., Fl.1, 2 113小節の2拍めにアクセントを補充(スコアも訂正)。

Bsn.1,2 97小節の第6音のD♭→D♮(スコアも訂正)。

B♭Cl.1&3 104小節のE→E♭(スコアも訂正)。
B.Cl. 79小節のA→A♭(スコアも訂正)。練習番号(79)を補充。

B.Cl. 90小節の第3音G→G♭(スコアも訂正)。

Vib.& Xylo. 71小節にアクセント、75小節にアクセントとmfzを補充。

 

35. アルメニアン・ダンス(パート1)

Pic. 120小節の2拍めのG→G♯。
Bb Cl.2 164小節の2拍めのF→F♯。
Hn.2,4 22小節の4拍めのE→E♭(スコアも訂正)。
Xylo. 371小節めのF→F♯(スコアも訂正)。

 

40. オセロ

Fl. 1楽章4小節 第4拍の6連符の第2音に♮を付加(スコアも訂正)。

Vib. 3楽章30小節の和音の中のB♭→B♮(スコアも訂正)。
Bells. 3楽章51小節の2拍めの8分休符に付点を加え、3連符の旗をもう1つ補充。Fl.やTrp.と同じリズム(スコアも訂正)。

 

41. アルメニアン・ダンス(パート2)

Fl.1 3楽章(ロリ)8小節の1拍めのC→E♭。

E♭ Cl. 3楽章(ロリ)181小節の6拍めのD→D♭(E.Hn., Cor.1の小音符も訂正、スコアも訂正)

 

44. 吹奏楽のための第二組曲

Fl.2 2楽章 39小節1拍め裏のE♭→E♮(スコアも訂正)。

Bsn.1,2 1楽章 10小節めに2nd time onlyを補充。

Trb.1,2 1楽章 36小節にopenを補充。

Trb.3 1楽章 36小節にopenを補充。

Per.2 パート譜3ページめの最下段の大譜表はXylo.とBells。

同 3楽章 1,3小節のBellsの8分音符と次の2分音符の間にタイを補充。

1995年頃の印刷で修正済を確認。古い楽譜は気をつける必要がある。

 

55. 法華経からの三つの啓示

S.Dr. 第3楽章 56小節の2拍めのリズムは、4拍めと同じに修正(スコアも訂正)。

 

57. エル・カミーノ・レアル

Str. Bass 164小節のA→C。

同 191〜192小節間のタイを削除。

 

62. ゴールデン・ジュビリー

Fl.2 108小節の1拍めのC→C♭。
B♭Cl.2 127小節の3拍めのE♭→E♮(スコアも訂正)。

T.Sax. 127小節の3拍めのE♭→E♮(スコアも訂正)。

Hrns. 153小節の3拍めから154小節の最後の音までタイを補充(スコアも訂正)。

同 154小節のアクセントを削除(スコアも訂正)。

Trb.1 127小節の3拍めのD♭→D♮(スコアも訂正)。

Per.3 79〜80小節のBellsのSoloのフレーズが抜けているので、スコアを参照して補充。

 

63. エルサレム讃歌

Str.Bass 58小節の3/4拍子→2/4拍子。

 

68. ミスター・ミュージック!

Fl.2 34小節4拍めのF→F♯(スコアも訂正)。

 

74. 第四交響曲

Fl.1 第2楽章 38小節のE→E♭。

同 第2楽章 46小節のD→C(スコアも訂正)。

同 第2楽章 87小節2拍めのE→E♭(スコアも訂正)。

同 第3楽章 20小節4拍めのA→A♭(スコアも訂正)。

同 第3楽章 46小節のpf(スコアも訂正)。

同 第3楽章 283小節6拍めのB♭→B♮(スコアも訂正)。

Pic. 第3楽章 243小節から次の小節へタイを補充(スコアも訂正)。
Str.Bass 第3楽章 21小節のD→F(スコアも訂正)。

 

75. マリンバと吹奏楽のためのコンチェルティーノ

Solo Mar. 第1楽章 94小節めの第3音G→A(パート譜のみ)

同 第3楽章 158小節めのA♭→A♮(159小節の♮は不要になる。スコアも訂正)。

Fl.1,2 第3楽章 156小節にSoliを補充。

B♭Cl.1 第1楽章 40小節の2拍め裏のA♭→A♮(スコアも訂正)。

Str.Bass 第2楽章 51小節のF→D。

同 第3楽章 5小節にpizz.挿入。
同 第3楽章 練習番号31, 64, 80, 136を挿入。

Piano Reducition 1楽章 40小節の2拍め裏のG♭→G♮。

 

他の編成、および編曲作品については、まだ把握できていません。それらも引き続き情報を求めています。

 

 

情報をくださった方々

次の方々に情報を頂戴しました。心から感謝申し上げます。

 伊藤康英、平塚史子、渡辺泰、アルフレッド・リード(順不同・敬称略)

 

ニュース・近況

6月17日、ネリベルの吹奏楽曲『セレモニー』が鶴岡東高等学校(山形県)によって日本初演されました。昨年、ネリベル夫人からお預かりした楽譜を当方で整理したものです。国内レンタルを開始するつもりでしたが、まもなくドイツで出版の予定です。

 

6月16日、NHK Eテレの『らららクラシック』で「バルトークの管弦楽のための協奏曲」が放映されました(資料提供)。

 

5月15日、全音から三大教則本の1つクヴァンツ著『フルート奏法』の新版が発売されました(譜例担当)。

 

3月22日、ネリベルの21回めの命日です。先週、全音から『鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集 新版Vol.7』(本体+ピアノ譜。CDつき)が発売されました(楽譜製作担当)。

 

2017年2月17日。多忙で新年のご挨拶もできませんでした。その間Jimdoの仕様変更によりアクセスカウンターが機能停止、過去のデータが消えました(泣)全音スコア、シューベルトの『交響曲第7(8)番 未完成』とリムスキー=コルサコフの『交響組曲 シェエラザード』が発売されました(楽譜製作)。

 

12月27日、しばらく忙しかったのですが、おかげさまでその成果が現れつつあります。全音スコア、ブラームス『交響曲第4番』は11月に発売。チャイコフスキーの『交響曲第5番』が1月に発売予定です(いずれも楽譜製作)。また、1月発売の『BAND LIFE』2月号にリードの《アルメニアン・ダンス》についてまとまった情報を提供できました。お楽しみに。

 

9月30日、たくさんの収穫を得て帰国しました。多忙ですぐにとはいきませんが、当ウェブサイトにも徐々に反映させていきます。

 

9月21〜29日、ネリベルの自筆譜研究・墓参り、そしてペーテル・バルトーク氏のお見舞いのために渡米します。

 

6月3日、明日4日(土)NHK Eテレの「ららら♪クラシック」でリードの《アルメニアン・ダンス》が特集されます。ご覧ください(資料提供)。

 

4月15日、昨年12月のネリベル《トッカータ・フェローチェ》日本初演がYoutubeにアップされました!

 

3月22日、ネリベルの命日、没後20年となりました。あらためて彼の業績を思う一日になればと思います。

 

3月20日、ブルース・ダフィー氏からリードとのインタビューの翻訳許可も下りました。多忙で少々お時間をいただきますが、いずれ公開します。

 

3月18日、昨年暮れに日本初演されたネリベルの《トッカータ・フェローチェ》が早くも再演予定です。6月10日、名古屋アカデミックウィンズ第4回コンサート(指揮:仲田守、名古屋市青少年文化センター)。

 

2016年1月25日、アルフレッド・リード、お誕生日おめでとうございます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

 

 

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.

旧ホームページ The Music-Makers' Paradise(1997〜2015年)は閉鎖しました。18年間の来訪者はのべ142,048人でした。ご愛顧ありがとうございました。