『アルフレッド・リードの世界』の周辺

 『アルフレッド・リードの世界 〜その人と作品77曲の全解説』はすでに版元で在庫切れになっており、図書館や古書店で入手するしかなくなっています。

 多くの皆様にご愛読いただき、心から感謝申し上げます。

 

サイズ: B5判、283ページ

出版社: 佼成出版社

ISBN-10: 4333018137

ISBN-13: 978-4333018130

発売日: 1996年7月27日
定価:3,000円(本体2,913円)

 

目次

 序文

 第1章 小史(アルフレッド・リードの誕生から今日までの生い立ち)
 第2章 オリジナル作品77(「プログラムノート」と「指揮者への注意」)
 第3章 資料(リード小事典、年譜、作品目録、文献目録、録音目録、詩歌集、人名索引、オリジナル作品索引)

 あとがき

 

 本書を所蔵している大学図書館はこちら

 

本書の成立事情

 リード氏と文通を始めた1981年頃「リードさんは本を書いていないのですか? 読みたいです」と書いたところ、リード氏は「本はないけれど...」と多くの雑誌論文や資料を送ってくれました。「じゃあ、代わりに私が作ろう」 と思い立って製作した本書は、当時の私がほしかった本、つまりリードの入門書であり便覧の役割をもつ最初の1冊でした。

 出版に際して最終的に私は「訳者」と表記されましたが、出版社では直前まで私をどう呼ぶか(執筆者、編者 etc.) で揺れていました。なぜなら、本書には通常の翻訳書のような出版物としての原著がありません。企画・構成から資料の収集・翻訳・整理まで、私が行なったものです。第2章「オリジナル作品77」の中心となる曲目解説は、学生時代に買い集めたリードの楽譜の扉に印刷されていたものです。第3章「資料」の詩は長年探し求めた末に、京都大学附属図書館(私はそこでアルバイトの図書館員をしていた)の地下書庫や、文学部図書館の暗い書庫の片隅で掘り当てました。このように、本書は一人の大学生が編集した資料集です。

 ただ、リード氏には翻訳上の不明な点をたびたび問い合わせたり、どうしても入手できない資料を送っていただきましたし、どの部分を見ても本書は「2人の共同作品」と言えます。さらに佼成出版社音楽出版室のスタッフをはじめ、さまざまな方々のご協力によって本書が完成したことを忘れるわけにはいきません。(1996年)

 

時は流れて…

 1970年代から80年代、日本におけるリード氏の情報はごくわずかでした。今では笑い話ですが、リード氏の写真ですら知られておらず、初来日コンサートのチラシに載った若い頃の写真と当日の舞台に現れたリード氏の違いに、聴衆は戸惑ったものです。当然、詳しい経歴や作品についても、雑誌の片隅の紹介やレコードジャケットの解説で知るのが精一杯でした。そんな中で、『アルフレッド・リードの世界』は圧倒的な情報量をお届けすることができました。出版社にすれば、こんなマニアックな本は冒険だったに違いありません。表記や文章レベル、内容の点で多くの摩擦を乗り越えてどうにか形になりました。品物はどうやらすべて完売したようです。私の手元には保存用しかありません。

 1989年頃の初稿は手書き(原稿用紙の束は厚さ約20cm)、1995年頃の改訂稿はワープロ(Canoword、3.5インチ・フロッピーディスク)で清書しました。当時、調べものは図書館に頼るしかありませんでした。インターネットは普及前で、改訂稿の頃に「パソコン通信」がかろうじて使えました。それから月日は流れ、吹奏楽界は変化し、インターネットを含めた情報環境も著しく普及しました。本書の出版後は達成の安堵感から勉強を怠っていた私でさえも、本書をはるかに上回る情報が手許にあります。それに伴い訂正が必要な箇所も見つかっています。今のところ改訂等の計画は未知数ですが、せめてこのホームページを通して新しい情報を発信していきたいと、重い腰を上げたところです。ご覧に入れられるところから徐々にオープンしていきます。(2014年1月)

ニュース・近況

6月17日、ネリベルの吹奏楽曲『セレモニー』が鶴岡東高等学校(山形県)によって日本初演されました。昨年、ネリベル夫人からお預かりした楽譜を当方で整理したものです。国内レンタルを開始するつもりでしたが、まもなくドイツで出版の予定です。

 

6月16日、NHK Eテレの『らららクラシック』で「バルトークの管弦楽のための協奏曲」が放映されました(資料提供)。

 

5月15日、全音から三大教則本の1つクヴァンツ著『フルート奏法』の新版が発売されました(譜例担当)。

 

3月22日、ネリベルの21回めの命日です。先週、全音から『鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集 新版Vol.7』(本体+ピアノ譜。CDつき)が発売されました(楽譜製作担当)。

 

2017年2月17日。多忙で新年のご挨拶もできませんでした。その間Jimdoの仕様変更によりアクセスカウンターが機能停止、過去のデータが消えました(泣)全音スコア、シューベルトの『交響曲第7(8)番 未完成』とリムスキー=コルサコフの『交響組曲 シェエラザード』が発売されました(楽譜製作)。

 

12月27日、しばらく忙しかったのですが、おかげさまでその成果が現れつつあります。全音スコア、ブラームス『交響曲第4番』は11月に発売。チャイコフスキーの『交響曲第5番』が1月に発売予定です(いずれも楽譜製作)。また、1月発売の『BAND LIFE』2月号にリードの《アルメニアン・ダンス》についてまとまった情報を提供できました。お楽しみに。

 

9月30日、たくさんの収穫を得て帰国しました。多忙ですぐにとはいきませんが、当ウェブサイトにも徐々に反映させていきます。

 

9月21〜29日、ネリベルの自筆譜研究・墓参り、そしてペーテル・バルトーク氏のお見舞いのために渡米します。

 

6月3日、明日4日(土)NHK Eテレの「ららら♪クラシック」でリードの《アルメニアン・ダンス》が特集されます。ご覧ください(資料提供)。

 

4月15日、昨年12月のネリベル《トッカータ・フェローチェ》日本初演がYoutubeにアップされました!

 

3月22日、ネリベルの命日、没後20年となりました。あらためて彼の業績を思う一日になればと思います。

 

3月20日、ブルース・ダフィー氏からリードとのインタビューの翻訳許可も下りました。多忙で少々お時間をいただきますが、いずれ公開します。

 

3月18日、昨年暮れに日本初演されたネリベルの《トッカータ・フェローチェ》が早くも再演予定です。6月10日、名古屋アカデミックウィンズ第4回コンサート(指揮:仲田守、名古屋市青少年文化センター)。

 

2016年1月25日、アルフレッド・リード、お誕生日おめでとうございます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

 

 

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.

旧ホームページ The Music-Makers' Paradise(1997〜2015年)は閉鎖しました。18年間の来訪者はのべ142,048人でした。ご愛顧ありがとうございました。